FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

SponsoredLink

【Steam/Switch】 _ICEY ナレーションに逆らうゲーム プレイヤー操作メモ

2019.03.21 (Thu)
icey14.jpg

icey19jpg.jpg

 Steamや任天堂Switchで遊べるゲーム_ICEYを遅ればせながら始めました。

 まだ始めたばかりですし、ネタバレになるので多くは語りませんが、序盤から意表をつく展開があり、またナレーションに逆らうと怒ったり嫌味言われたりで、内容は美少女型アンドロイドで敵を倒していくよくあるアクションゲームなのですが独特なスパイスが効かされてるという印象です。

 このゲーム、チュートリアルでキー操作がわかるのですが、1週間たったらわからなくなり(笑)、メモ代わりに記事を書くことにしました。以下操作マニュアルです(箱oneまたは360スティック使用)。

・移動 左スティックまたはパッド
・ダッシュ 移動+RB
・ジャンプ A ジャンプ中RBでダッシュ
・弱攻撃 X 強攻撃 Y
・ダッシュ 移動+RB エネルギー消費あり(自動回復)
・敵コア破壊でHPとバリア(ダメージ)回復 B(表示あり)
・カウンター攻撃 攻撃を受ける前にRBからB(かなり強力です)
・結晶回収→特殊攻撃 X長押し
スポンサーサイト

メリークリスマス!サンタつぐ美ちゃん

2018.12.24 (Mon)
つぐみクリスマス01

国会図書館の利用のちょいヒント

2018.10.14 (Sun)
上京するたびにたいてい国会図書館行ってますが、わりと利用方法にクセがあります。そこでなんとなく思いつくだけのTipを書いておきます。

・登録には免許証等身分証が必要。利用は18歳以上から。本館でなく奥の新館で登録しカードを作ってもらう。

・カバン等の荷物は持ち込み禁止。無料ロッカー(100円だが開けたときに戻ってくる)に荷物を入れ、持ち込むものは必要最小限にして、置いてある透明なビニール袋に入れること。

・本棚はなくすべての書籍は閉架(倉庫にある)。PCで検索して出してもらう。出てきたらPCに通知が入るので取りに行く。

・検索に慣れてないと行ってから時間がかかるので、あらかじめ検索して書名と請求番号をメモしておくと行ってすぐに貸出請求出来ます。検索はここから→国会図書館HP

・すべての書籍は国会図書館に献本することになっている、らしいのだがやはり置いてない本もある。あるかないか行ってから探すのは時間の無駄なので事前に調べておこう。雑誌の場合は途中の号からしかない、とか途中が飛んでいることもある。

・一般書籍は1回3冊。雑誌は5冊まで。雑誌は実際は数冊分まとめられて1冊になっているので、書籍と雑誌の借りられる数のバランスがなんか変。昔のI/Oなんかを5冊借りるとすっごい量になるので注意(笑)。でも台車を貸してくれます。

・コピーは直接とることは不可。専用のPCでまず複写依頼用紙を発行、その用紙にコピー希望のページを記入・該当ページに紙のふせんを挟んで専用カウンターに提出する。連続していれば「1~10」のようにまとめて指定も可。

・広告などのページで、ページ数が書いてない場合は「シャープMZ-80の広告」などとコピーする人がわかるように書けばよい。

・コピーする目的を書く欄がありますが、「調査研究」にチェックして何も言われたことはありません。

・著作権の制限で、1冊の半分以上のページのコピーは不可。また1回のコピー依頼は100枚まで。

・複写依頼用紙は5段くらいしか欄がありません。1冊で複数箇所をコピー依頼したくて欄が足りないときはカウンターに申し出ると続紙をくれます。前は続紙が備え付けてあったんだけど・・・・・・。

・コピーは依頼した分を受け取るまでは次のコピーを依頼できない。コピーは人力なのでそれなりに待たされます。出来上がりはやはり専用PCでチェク。が、複写カウンターは本館と新館に2箇所あり、それぞれ同時に依頼することが出来る。コピーが出来るまで結構待たされるので時間短縮したい時に。

・電子書籍化されている物は、PC上で印刷依頼可。100枚まで。希望のページをPCから送信して適当なタイミングでカウンターに行くと印刷してくれる。のだが何枚分依頼したのかが表示されないので数えておかないといけない。実際は100枚超えるとメッセージが出るが、その時点で100枚超えちゃってることもある。まあ次は100枚以内にしてくださいって印刷依頼時に言われるだけですが。

・コピー代が高い。カラーだとすごく高い。電子書籍利用するとかなり安くなるが、電子化されているものは一部。

・カードをカードリーダーに置き忘れに注意。検索・貸出依頼にカード、印刷依頼用紙発行にカード、出来上がり確認にカード、とやたらにカードを使うので離席するときに忘れやすい。

・コピーはページごとでなく見開き左右のページをまとめて1ページでもしてくれる。たいがいカウンターで聞いてくれるが、コピー代がかなり節約出来る場合あり。

・国会図書館内に食堂や喫茶店あり。持ち込んだお弁当を食べるスペースあり。

・書籍や雑誌の他、新聞や楽譜などは館内の別室にあったりする。コピー出来る枚数が違うので案内をよく確認しよう。特に楽譜の場合、たとえ数ページしかなくても1曲全部をコピーすることは出来ないので注意。

・土曜の午後などは検索用PCがせんぶ埋まってしまうことがある。なるべく午前中に行こう。検索出来ないと貸出依頼も出来ないので、なんにも出来ない。

・貸出は図書館内のみ。普通の図書館みたいに一定期間持って帰ることは出来ない。その日に返却。


 とりあえず思いつく限り書きました。また思い出したら追記します。

 なお、自分は地方民なので、国会図書館行ったらとりえずガンガンコピーして、読むのは帰宅してからというパターンなので、コピー代が毎回数千円になります。近い人がうらやましい。






 | HOME |  Next »