FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

steam の記事一覧

【Steam/Switch】 _ICEY ナレーションに逆らうゲーム プレイヤー操作メモ

2019.03.21 (Thu)
icey14.jpg

icey19jpg.jpg

 Steamや任天堂Switchで遊べるゲーム_ICEYを遅ればせながら始めました。

 まだ始めたばかりですし、ネタバレになるので多くは語りませんが、序盤から意表をつく展開があり、またナレーションに逆らうと怒ったり嫌味言われたりで、内容は美少女型アンドロイドで敵を倒していくよくあるアクションゲームなのですが独特なスパイスが効かされてるという印象です。

 このゲーム、チュートリアルでキー操作がわかるのですが、1週間たったらわからなくなり(笑)、メモ代わりに記事を書くことにしました。以下操作マニュアルです(箱oneまたは360スティック使用)。

・移動 左スティックまたはパッド
・ダッシュ 移動+RB
・ジャンプ A ジャンプ中RBでダッシュ
・弱攻撃 X 強攻撃 Y
・ダッシュ 移動+RB エネルギー消費あり(自動回復)
・敵コア破壊でHPとバリア(ダメージ)回復 B(表示あり)
・カウンター攻撃 攻撃を受ける前にRBからB(かなり強力です)
・結晶回収→特殊攻撃 X長押し
スポンサーサイト



祝!steam配信 宇宙最大の地底最大の作戦(Cosmic Cavern3671) 紹介&プチ攻略

2016.07.16 (Sat)
MZ-80の名作ゲーム地底最大の作戦が奇跡の復活、宇宙最大の地底最大の作戦のsteam配信記念に紹介とプチ攻略を書きたい。

titei02.jpg

titei03.jpg

プレイヤーはランダムに動く敵を、段差から落ちる、またはエサを食べて固まっている時に接触して倒してください。一定時間で復活するので注意。
固まっていない状態の敵に食われるか、下段の青い部分まで敵が達するとゲームオーバー。中央のルートに敵が来ると基地まで直行してしまうので要注意。
エサは基地で補給する必要があり、10個まで持つことができます。

あらかじめ段差を作ったりエサを仕掛けて敵を待つという、当時では珍しい戦略性に富んだゲームです。

titei11.jpg
穴の掘り方の例。上のように、階段上に掘ると敵を中央に誘導できる。

敵が10体以上出るとCAUTION!と表示されて、穴にはまってるか、敵同士に挟まれて動けない敵が、下方向に穴を掘って降下をはじめます。あらかじめ横穴を掘っておくとよいでしょう。
titei10.jpg

仕掛けを作っておくといいましたが、敵が中央の穴に落ちてしまうとi即占領でゲームオーバーなので、のんびり穴を掘ってる暇がありません。残機なしの一発勝負なのでなかなか緊張感があります。
titei08.jpg

また、地中の何処かに二種類のアイテムが埋まっています。
ひとつはランダムで通路が土で埋まるもの、もう一つは得点X2です。
titei07.jpg

ちなみにオプションでMZ-80のオリジナルモードや、MZ-700モードに変更できます。

MZ-80オリジナルは、エサを基地まで取りに行かなくてもいい点と、土の薄皮?ができないところ、アイテムが出ないなどの違いがあります。

この薄い土の壁がMZ-80オリジナルはない。
titei09.jpg

MZ-80オリジナル。
titei01.jpg

レビューを書いておいてなんですが、まだ効率のよい攻略法が見つけられておらず、速攻ゲームオーバーになりまくってます。

CAUTIONにならないようにした方がいいのか、CAUTION後も粘れるようにするのか、その方針もわからない。

得意な方がいらっしゃいましたらアドバイスください。

そうそう、アレンジ版のグラフィックは小野Mr.Dotman浩氏、BGMは古代祐三氏と、ムダに豪華です!

→公式HP

ちなみにオプション画面、操作性までレトロ。マウスでチェックできないので非常にもどかしいなつかしい仕様です。
titei05.jpg

ちなみに今日の時点でsteamで15%引きの423円、通常でも498円です。

レトロPCゲームに興味のある方はぜひ購入して遊んでみてください。






地底最大の作戦がsteamで現代のPCに蘇る!?

2016.07.03 (Sun)
以前このブログでも紹介した、MZ-80の名作ゲーム「地底最大の作戦」が、なんとマインドウェア社からリメイクされ、STEAM GREENLIGHTを通過したらsteamとPLAYISMで販売される予定だそうです。

公式ページはこちら→公式ページ

steamはこちら。ぜひ投票してください。→steamのページ


 | HOME |