FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

コンシューマ の記事一覧

黒船来襲!?アタリ2800(アタリ2600)

2014.06.29 (Sun)
 艦これにかまけていて更新滞っております。数少ない読者の方々すいません。E.T.発掘?ネタの続きで今回は日本でのアタリネタです。

 ATARI2600が1977年発売されて米国で大ヒットしたことはいまさらゆうまでもないですが、日本ではエポック社が「カセットTVゲーム」という名で輸入販売をしていました。しかし輸入販売ということもあってか(アップル2も高かったしなあ)57300円というかなり高価な値段設定であったため、少数しか売れなかったと思われます。またナムコも輸入販売していたようです。
2014000506 182846

 さてそのATARI2600が若干日本向けにカスタマイズした「ATARI2800」をひっさげて、本格的に日本に上陸したのは発売から数年経過した83年。私がそれを初めて知ったのはゲーム情報誌AMライフ6号。↓

20140511 135705
 ちなみにこのカラーページはちょっとエッチなマンガ「スーパーレディQ」の途中に差し込まれています。

スーパーレディQ
 おまけ画像。

 ATARI2600は定価24800円。たいぶ価格は下がったものの、当時それなりにヒットしていたカセットビジョンの13500円に比べ10000円ほどお高い設定。グラフィックが荒くソフトの本数もそれほどなかったカセットビジョンより高くても売れるという自信があったのでしょうか(当初は39800円の予定だったが、日本の問屋筋に高すぎると反対されて価格設定を下げたらしい)。
 しかしすでに先行して日本に上陸した黒船達「インテレビジョン」(49800円)、「オデッセイ2」(49800円)、「マックスマシーン」(34800円)などがすでに次々と爆死していた中での来襲、それらよりは値段は安かったものの、すでに数年経過していたハードのため、用意されたソフトがスペースインベーダーやブロック崩し(ブレイクアウト)や風船割り(サーカス)のような当時としても古いゲームだったり、日本では知名度の低いディフェンダーやセンチピードだったりして、私やこのスレをのぞきに来るような一部の物好きにはともかく一般には受けなかった模様。米国では圧倒的なシェアを誇ったATARI2600も他の黒船達同様轟沈してしまったのでした。やはり上陸が少し遅すぎたと思われます。

 また、今思うとヒットしたゲーム機って任天堂の「テレビゲーム15」が15000円、「カセットビジョン」が13500円、そしてファミコンが14800円だったことからして、当時の物価と価値観ではゲーム機は15000円以下が相場だったのかもしれません。

 個人的には、当時ゲーセン&マイコン少年で物好きなゲーマーのひとりだった私にとっても24800円はやはり微妙なお値段。確かにディフェンダーやアステロイドやミサイルコマンド(ミサイル司令部)は非常に魅力的に映りました。しかし毎日のように広告を眺めていると、「このコントローラーでディフェンダーどうやって遊ぶんだ?」「インベーダーがオリジナルに似せる気ないのか」「ワイヤーフレームでないアステロイドやバトルゾーンってなあ」と不安が次々と生まれてくる始末。貯金をはたけば買えないわけではなかったのですが、もうちょっと出せば「ゲームパソコン(M-5)」などの廉価版PCが買えそうな金額。当時私の価値観がアーケードゲーム>パソコンゲーム>なんか得体のしれないゲーム専用機だったこともあり、あれこれ迷った末結局購入には至りませんでした。まあぶっちゃけ買わなくてよかったですけどね!(オイ)
 ちなみにその後も「光速船」「SC-3000」「ファミコン」も迷ったあげく購入せず、最終的にコンシューマ機を入手すうのはメガドライブになってからなのでした(ファミコンは後から購入しましたが、全盛期を体験していないのはちょっと後悔しております)。

 さて、瞬く間に消えてしまったATARI2800。しかしそのゲームは時を超えて以外な姿で私の前に現れるのでありました(続く)。
 



 



 
スポンサーサイト



古き言い伝えは誠であった! アタリ2600版E.T.アラゴモード砂漠から発掘される!

2014.04.27 (Sun)
 すでに他でもニュースになっていますが、ビッグニュース(?)なので備忘として記事にします。
 
 あの「むやみに作りすぎてどうしようもなく余ったから砂漠に埋めた(適当要約)」と言われていたアタリ2600のE.T.が、XBOX LIVEのドキュメンタリー番組の第一弾として発掘作業を計画し、ついに発見された模様。ショベルカー使ってかなり大規模なプロジェクトだったよう、








 「粉砕されて埋められた」という話もあったんですが、箱はさすがに壊れているもののカートリッジが原型のまま出土してますね。一緒になぜかセンチピードも出てきたみたいです。そっちも余ったのか。

30周年記念 SC-3000/SG-1000の思い出(というか恨み節)その2

2013.07.28 (Sun)
 SC-3000にアーケードゲームメーカーのセガが開発したということと、カラーミキシングで210色という謎の宣伝文句に過大な期待をしていた純粋な青少年だった私。結局値段は安いもののMSXなどの他のPCと同機能ということに落胆したわけですが、それでもまだ諦めていたわけではありませんでした。

 当時のPCへの移植モノってのはぶっちゃけ似てりゃいいだろレベルがほとんどであったわけですが、今回は違う。なぜならどこかのソフトハウスが移植するのではなく、セガ御大が自ら移植するのです。見た目はグレードダウンしていても移植のレベルはダントツに高いに違いない!と、あふれるセガ愛が私にそう思わせておりました。

 さて当時、デパートやスーパーののおもちゃ売り場でゲーム機が試遊出来るコーナーがありました。しばらくしてからスーパーの買い物に連れて行ってもらったところ、ありましたよSG-1000が!
 隣のファミコンにはすでにはりついている少年がいましたが、そんなものには目もくれず(いやウソです目は釘付けでした)、誰もいないSG-1000の前に立ちました

 そこで動いていたのはコンゴボンゴ。アーケード版の名前はティプタップ。内容はクォータービュー版のドンキーコングといったものでしょうか。このゲームが開発された経緯を考えるとまた色々妄想が膨らみますがまあそれは今回は置いておくとして、海外では大ヒットした秀作です。

0728ティプタップ1

アーケード版

SC-3000、SG-1000版

0728ティプタップAMライフ
AM-LIFE №10より

 コンゴボンゴの画面写真はすでにAM-LIFEの画面写真で見ていたので1面が激しく別モノになっていることは知っておりました。クォータービユーの再現が難しかったのであろうことは理解できました。でもセガならきっとやってくれるに違いない。そう信じてコントローラーを持つ。

 しかしコンゴボンゴの隣にはファミコンのドンキーコング。本家の隣にちょっとコンセプトが似たコンゴボンゴ。すでにセガにとって圧倒的に不利な状況ではありませんか
 だがセガを信じろ!スタートボタンを押す。そしてあることがわかりました。

 2面しかねえじゃねえかよ!!!!

 AM-LIFEに載っていたのはたまたま1面と2面だけだと思っていた・・・。ドンキーコングの2面がカットされたにもちょっとがっかりしたのに、面が半分しかないとは。4面がなきゃ探険家がゴリラに復習できないだろ!
 SG-1000がファミコンに負けたのが値段が200円高かったからという説があるようですが、違います、単にソフトデキの差です。まあコンゴボンゴが当時の並レベルで、ドンキーコングのクオリティが高すぎたんですけどね。

 というわけでSC-3000を購入する気は一切消え、私がセガのハードを買うのは数年後に持ち越されたのでありました。


4面、クォータービューをやめれば再現できたと思うけどなぁ。
0728ティプタップ2
 | HOME |  Next »