FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

指定期間 の記事一覧

ヘビゲーム特集9 スネーク&バリケード系ゲームその5 アーケード編

2013.03.02 (Sat)
新春ヘビ年特集もすでに3月。PCゲームは探せばどれだけ出てくるかわからないのでもうさっさと切り上げて、今回はアーケードゲームです。

 ブロッケード 1976年 グレムリン
7ブロッケード76
The Encyclopedia of Arcade Video Gamesより

 おそらくバリケードゲームの元祖。日本語表記が楽しい通称KLOVというビデオゲームのデータベースサイトではUPLって表記されてますが、ロゴの上に思いっきりby Gremlinって書いてあるのでおそらく間違いでしょう。タイトルは「ブロック」と「バリケード」を組み合わせた造語かと思いますが、「バリケード」というそっくりさんが他社から発売されており、日本では「バリケード」のほうがとおりがいいように思われましたので、このブログではバリケード系と呼称しています。特集4で紹介したPC-8001の同名のゲームはブロッケードをわざわざバリケードに変えてますし(本家さんゴメンナサイ)。内容は二人対戦専用のいたってシンプルなゲームです。

 ハッスル 1977年 グレムリン
ハッスル77
※この画像は過去にどこかで拾ったものですが、実機の画面は緑だったという話があります。


 ブロッケードは延びていくばかりですが、ハッスルは長さに制限があり得点するたびに延びていくタイプなので、こちらがスネークゲームの元祖にあたるゲームだと思われます。四角い数字のプレートにぶつかって制限時間内にどれだけ得点できるかを競います。二人同時プレイも可能ですので、平和的に得点で競うか殺し合いかでけん制しあうマリオブラザースやバルーンファイト的な遊び方が出来るのかもしれませんが、なにぶん子供のころに従兄弟と2,3回プレイしたきりなのでそんな高度な遊び方は出来ませんでした。ヘビ(かどうかはわかりませんが)の体長の延び方がゆるく、あんまり自爆することがないので一人プレイだと単に得点をとるだけのゲームになりがちだと思われます。
 珍しいのはミスするとペナルティが増やされ、時間切れになったとき最後にまとめて減点される方式なこと。???は取るまで何点かわかりませんが、マイナスの場合もありリスクが大きいので高得点を狙うなら???は避けたほうがいいと思います。って今さら攻略めいたことを書いたところで、日本ではもうどこにも置いてないと思いますが。特集8のMSXのスーパースネークの元ネタでもあります。

 ドミノ 1976?年 アタリ

ドミノ
The Encyclopedia of Arcade Video Gamesより

 ブロッケードどほとんど同じ対戦型のバリケードゲーム。このころは他社がそっくりさんを出すことが当たり前でした。自機はヘビではなくドミノに見立ててあります。特筆すべきことは一人プレイも可能なこと。対戦モノなので必然的にCPU側はプレイヤーの動きにあわせて行動する必要があるわけで、当時の技術ではそのようなAI的な動きをさせるのは大変だったはず。さすがはアタリです。プレイする機会がなかったのでCPUがどの程度強かったのは残念ながらわかりません。

~アーケード編その2へ続く





スポンサーサイト



 | HOME |