FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

指定期間 の記事一覧

ヘビゲーム特集12 スネーク&バリケード系ゲームその8 アーケード編4 「ウィッツ」

2013.03.19 (Tue)
 ヘビ年だからと安直に始めたヘビゲーム特集、やってるうちにどんどんネタ思いついて気がつけばやたら長ったらしいタイトルになってちょっとイヤですが、もういまさら面倒なのでこのままいきます。

ウィッツ ビスコ/アテナ 1989年


 トロンでやめておけばよかったのに、数年の時を経て出てきてしまいましたよ「ウィッツ」。私は当時ゲーメストを欠かさず購入しておりましたが、このゲームはアーケードゲーム専門誌にすら完全にシカトされて一切レビューがなかったと記憶しております。ゲーセンでの出回りも悪く、はじめてこのゲームの存在を知ったのはゲーメストの基板ショップの広告でやけに安い値段つけられていたのを見たことから(笑)。え?何?ウィッツ?見たことも聞いたこと無いよ!?と不審に思っておりましたが、その後実機を見て「ああ・・・」と納得しました(笑)。
 内容はバリケードゲームそのもの。一回だけジャンプ出来たりスピードアップと耐久力が1ある自転車などのアレンジは加わってはおりますが、正直あまりかわりばえはしません。さすがに開発者さんもインパクトが足りないと思ったのか、タイトルに一切ゲームと関係ないフジヤマとゲイシャガールとスモウレスラーにメガネで出っ歯のリーマン、そして横切る新幹線の姿。確かにインパクトはありますが明らかに逆効果です。これがせめて販売がデコなら今でも語り継がれる変なゲームくらいにはなれたかもしれませんが、デコじゃないのでネットで話題になっていることすら見かけないバリケードゲーム界随一のかわいそうな子です。
 ゲームは本当にオーソドックなバリケードゲームなので、対人戦ならそこそこ盛り上がると思うのですが、発売はまだスト2で対戦ブームが起きる以前のこと。ならばと一人で延々とCPU戦続けるのはさすがに単調で、さらにそれが100面あるというので攻略意欲が高まるどころか心が折れます。面が変わってもほとんど妙なセンスの背景が変わるだけだし!後半になると障害物も出てくるようですが、そこまで遊んだ人はどのくらいいるのでしょうか。まあこの21世紀に現役ニブラー愛好家がいたくらいなので、決していないとは言い切りません。ウィッツフリークの方、もしいましたらごめんなさい。
 このウィッツ、なぜか天下のファミコンにも移植されております。家で友人とワイワイやるには向いていると思うのですが、やはりゲーム内容が地味すぎたか当時のファミコン少年たちには興味をもたれなかったようです。さすがの私も買いませんでした(笑)。


スポンサーサイト



 | HOME |