FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

指定期間 の記事一覧

誰得移植ゲーム YAMATO SG-1000/SC-3000

2013.04.29 (Mon)
YAMATO セガ SG-1000・SC-3000



アーケード版


 新宇宙戦艦ヤマト放映記念のヤマトにちなんだゲーム第二弾なのですが、まず初めにいいたい。これはヤマトじゃないだろがよ!!!ヤマトを名乗るなら砲塔は三連装にしてくださいよ。それ一番の特徴でしょ。黎明期のPCゲームやインベーダー時代のブームに乗ろうとしただけの泡沫メーカーのゲームじゃあるまいし、どんだけ適当なんすかセガさん!
 移植元のアーケード版からしてすでに三連装ではなかったりするのですが、せめて移植の際に直すという発想はなかったんだろうか?なんだかなー。あ、インベーダーといえば、セガのインベーダーパチモンタイプのゲームの「センカンヤマト」もたいがいな出来でしたが。インベーダーが減ってもスピードが速くならないという、当時最後の一匹はほぼ撃ちもらして侵略されていた少年だった私としては簡単でうれしいゲームではありましたが(笑)。インベーダーとしてはどうかと思いますが。

 さてゲームの内容ですが、左右に動くだけの敵飛行機と戦艦からの魚雷をさけつつ、照準をあわせ攻撃するだけという、なんか射的ゲームというか、インベーダーの以前のタイム制の白黒ゲームを彷彿とさせるシンプルぶりというか、ベーマガの投稿ゲームテイストというか、1983年でもすでに古臭いという印象を持ちました。しかもヤマトは画面の幅の3分の1を程度を占めるほどムダに図体がデカく、そこはまあヤマトだから大きくしたんだろうなあとも思えますが、当然ながら当たり判定もダントツにデカい。二連装砲塔のインチキヤマトではいまいち感情移入できないところへなぜか追尾機能が搭載されている魚雷がガンガン襲ってくるのでたまりません。機銃で魚雷を相殺できるものの、そっちに忙しくて敵を撃てるのは魚雷攻撃のわずかな合間だけ。プレイしていると「ああ本物の大和もこんな風な絶望的な状況だったんだろうなあ」となんだか切ない気持ちになってきますが、このゲームのヤマトはきっとパラレルワールドの別のヤマトなんでしょう、きっと。
 その他BGMが効果音で消えたり、敵を倒しているといつの間にか面クリアしていて何事もなく2面に突入する謎仕様とか、正直いいところがほとんどなく明らかに不人気なゲームでした。
 で、SG-1000を買えばセガの最新アーケードゲームが遊べるぜ!とばかりにこの不人気ゲームを移植してしまったわけですが、当時I/O誌などの広告で「ゲーム場そのままの人気ビデオゲームが、毎月ゾクゾク発売」と銘打ち、このヤマトとアップンダウンの画像を載せているのを見たときは「人気ゲームじゃねえだろ!」と誌面に突っ込んだゲーマーが全国に大勢いたんじゃないでしょうか。いや好きなんですけどね、アップンダウン。結局発売されなかったけど!
 ちなみにこの広告は「ゲーム場そのまま」といいつつアーケード版の画像を載っけてやがりまして、当時まだ純粋だった私をムダにワクワクさせてくれやがりまして、実際にSG版を見たときの落胆といったら・・・この辺はまた別の機会に語るとしましょう。
 セガへの恨み節で本題を忘れてました。で、SG版ですがスプライトの制約上ヤマトがスリムになったのは、むしろ遊びやすくなったからいいとしても、ゲームスタートするといきなり魚雷が降って来るのはどうなのか。普通は「READY」とか表示して時間待ちするもんでしょうに。こういう簡単に実装出きる事をやってないのは、いかにもやっつけ仕事でいただけません。元が単純なだけに移植版は何かしらアレンジがあればよかったのですが。色々残念な一作でした。


スポンサーサイト



アクセス解析などをしてみたら

2013.04.28 (Sun)
普段やらないアクセス解析をしてみたところ、スネークゲームで検索してここへいらっしゃる方が、1日1,2人くらいあったりします。スネークゲームは根強い人気があるんですねえ。

マイコンキット追記 新日本企画

2013.04.21 (Sun)
マイコンキット 新日本企画
マイコンキット3

 前の記事の追記です。新日本企画(SNK)のブロック崩しのアレンジシリーズ。前述の戦艦ヤマトと消える魔球の他、パチカル8、ブロックインベーダー、ピラミッド・フジ(なんじゃそりゃ)の表記がありますが、どれもプレイしたことはありません。ブロックインベーダーは明らかにかのスペースインベーダーを意識してますね。しかしインベーダーの名を出したところで当時のプレイヤーがブロック崩しをプレイしたとは思えませんが。

壁くずしゲーム(ママ)に宇宙戦艦登場 マイコンキット2 新日本企画

2013.04.20 (Sat)
マイコンキット2 新日本企画
マイコンキット2
ゲームマシン 78年10月15日号より

 スネークゲームでこりたはずの特集、なのにまたやってしまう自分がいた。
 というわけで宇宙戦艦ヤマトにちなんだゲーム第二弾。時は昭和53年。すでにブロック崩し(なぜかゲーマシン誌では「壁くずし」)のブームも峠を過ぎており、色々なアレンジがほどこされておりました。これもそのひとつ。新日本企画(SNK)の「マイコンキット2」。残念ながら実際にプレイする機会はなかったたのですが、当時障害物がボールを阻む誰得なアレンジが結構あって、おそらく画面上のヤマトは障害物となって画面を横切るのだと思われます。同誌によりますとこのシリーズには「消える魔球」というものがありまして、プレイヤーのボールが消えるとらしいです。だから誰得なんだよ!
 すでにブームもとっくに終焉している時に、そんなプレイヤーのストレスになる要素ばかり加えた上に、風船割りはおろかインベーダーが発売されてる年の発売ではヒットするはずもなかったでしょう。残念ながら私は見たこと無いです。定価は41万5千円。高いな!
 しかし二番煎じものって、なぜかプレイヤーのストレスになるような要素を追加したがる傾向があるような気がします。アタリのスーパーブレイクアウトはマルチボールがあったりして正当進化しているのはさすが本家というところでしょうか。
 

宇宙戦艦ヤマト2199放送開始記念 反射衛星砲ゲーム MZ-80K/C

2013.04.14 (Sun)
宇宙戦艦ヤマト2199が放送開始されましたね。当時私はハイジを見ていた側でヤマトは再放送からという、そんなに熱心なファンではなく細かいところはほとんど忘れてしまっているのですが、BGMを聞くとなぜかワクワクしてしまうから不思議。というわけで、今回は宇宙戦艦ヤマトにちなんだゲームを紹介します。

倒せ!ヤマト!!反射衛星砲ゲーム MZ-80K/C マイコンゲームの本1より



 放映記念で「倒せ!ヤマト!!」とはどうかと思いますが、そういうゲームなので仕方ありません。作者はMZ-80の名作の数々を発表した長瀬氏。内容はヤマトの強敵だった反射衛星砲の角度を変えて、惑星の影にいるヤマト「ヤ」に命中させるというものです。ヤマトから攻撃してくることはなく、初期の点数から時間の経過や衛星砲を動かしたり発射したりするごとに減点される方式。ヤマトを破壊するかスコアが0になるとゲームオーバー。ヤマトを破壊した時点のスコアを競います、のようですが詳細は遊んだことが無いのでよくわかりません(オイ)。MZのセミグラフィックでレーザーを表現しているのはなかなかだと思います。減点方式なので理論上のハイスコアがあるのですが、そのハイスコアを取った人は「人類の敵」だそうです。






ヘビゲーム特集13 スネーク&バリケードゲームの今

2013.04.07 (Sun)
年度末のどさくさで止まっていたヘビゲーム特集、スネーク&バリケードゲームがこんなに長くなってしまうとは予定外でした。今回最近のゲームを紹介していったん区切りにします。

プチコンStudio Z いなあも氏作 ライトサイクル プチコン版

プチコン版ライトサイクルゲーム

 プチコン、といえばこのブログの読者の方なら説明不要かと思いますが、いちおう書きますと任天堂DSでなつかしのBASIC的なプログラムが書けるソフトです。BASICですが、かつての8bitPCの激遅BASICではなく、シューティングやアクションゲームが普通に動いてしまうスグレモノ。ソースはQRコードで読み込むことが出来るので、製作したソフトの公開などが活発に行われています。
 上のリンク先ではプチコンで製作されたライトサイクルゲームの他、以前紹介した地底最大の作戦の移植も公開されていますので、未プレイでプチコンをお持ちの方はぜひ遊んでみてください。

燃やすパズル フレイムテイル 任天堂DSiウェア

 知る人ぞ知るマインドウェア社のDSiウェア用のソフトです。ゲームの内容は軌跡が炎になっている宇宙船を操作して、降下してくるブロックを消すというもの。まさかのスネークゲームと落ちモノのカップリング!プレイしてみるとスネークゲームなので適当に動いていると自分の尻尾が邪魔になったり(尻尾は障害にはなるがぶつかっても死なない)、文字をそろえるとアイテムが使えるようになるのですが、文字を取る順番も考慮が必要(例えばPUSHというアイテムが取ろうとしてSの文字をとってもMISSLEアイテムのSに入れられたり)だったり、ブロックを燃やす順番など単なるアクションゲームにとどまらずパズル的な要素もあり、よく練りこまれているなあと感心します。また通過すると出現し、再度通過するとさらにポイントが稼げるという、レトローゲーマーならニヤリとするような隠しキャラもあったりしますので、興味をお持ちの方は500円というおてごろ価格なのでぜひ遊んでみてください。しかしもう発展する要素はないと思っていたスネークゲームも、まだまだ新しいアイディアでアレンジできるもんなんですねえ。

 あと紹介はしませんが、コンパクトでわかりやすいスネークゲームは、iPhoneやAndoroidへも色々移植されています。ゲーム創世記からある古典中の古典のゲームが21世紀でもまだ生き残っているはまれなことだと思います。今後も末永くゲーマーを楽しませてくれることでしょう。
 | HOME |