FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

指定期間 の記事一覧

オズマウォーズ ヤマトゲーム第三弾

2013.05.05 (Sun)
オズマウォーズ 新日本企画(SNK) 1979


また新日本企画です。しょっぱなからなぜか脈絡なくヤマトがエネルギーを補給してくれます。このゲームは固定画面シューティングでは珍しく、残機制でなくエネルギー制なのです。あまりに脈絡がないので初プレイ時は補給を敵の攻撃かと思ってエネルギーのビームを避けてエネルギー切れで死亡しました(笑)。彗星からボスが現れます。当時「メテオ」とい隕石が落下してくるパニック映画がありましたが、そのメテオが降ってきます。昔のゲームってのはフットワークが軽いです(笑)。
 なんて書いてるとパクリばっかりのダメゲームみたいになってしまいますが、当時としては非常に多くのパターンの敵が出現する力作です。今のシューティングでは多彩な敵の攻撃など当たり前ですが、オズマウォーズが発売された79年と言えばまだインベーダーの翌年でギャラクシアンの1年前です。当時は同じパターンの攻撃がずっと続くのが当たり前でした。
 さてその敵のパターンをざっと列挙してみますと、

1 直進してくるだけ(微妙に左右に動く)の敵。
2 直進してくるだけ(やはり微妙に左右に動く)の敵がV字型の編隊を組んでいる。
3 ただ降ってくるだけで(カラー版だと)やたら音だけうるさいのメテオ(笑)。
4 ホーミング弾撃ってくるヤツ。
5 小さくなって当たり判定も小さくなる敵。
6 ボスの前フリだけで攻撃してこない彗星。撃つとボスが出現するが撃たなくても出現する(笑)。
7 通常弾とホーミング弾を至近距離から当時ではありえない連射をしてくる恐怖のボス。

などなど非常に斬新な要素満載なのです。インベーダーの時代ですよ!79年でホーミング弾とかボス戦ですよ!
 特に7のボスのインパクトは強烈で「こんなの倒せるの!?」と絶望的な気分になったもんですが、ひとつのゲームでたくさんの敵と戦えるというお得感でプレイを続け、ついにボスを倒したら、2面はまた違う敵が出てきてびっくり。当時は2面は難易度が上がった1面が続くのが当たり前だったのです。ちなみに2面以降は

8 だんだん大きくなるヤツ(もしかしたら3Dぽくしたかったのかも)。
9 倒すまで子機を放出しづづける空母。
10 撃たない限りずっと止まって弾を撃ち続けて早く倒さないとエネルギー減るぜとプレッシャーかけるヤツ(エネルギーは時間経過でどんどん減るのです)。
11 三機連結してて途中で分裂する、まるでウルトラセブンの宇宙人のUFOみたいな敵。

10が曲者で、画面下段に陣取って弾を連射してくるのでそれをかいくぐって撃つ必要があるのですが、エネルギー制なのでもたもたしていられず、プレッシャーから弾に当たりに行って自爆するパターンが頻発。ボスの次の山がこれでした。何度も死にながら次の敵見たさにゲーセンに通って(当時連コインするほどお小遣いなし)やっと倒したところ、もう新しい敵は1種類だけだったのに拍子抜け。それでもとてもうれしかった記憶があります。しかしその後は10と11の複合攻撃があったりでまたびっくりしたり、本当に驚きの連続で楽しめたゲームでした。
 その他の特徴は敵がたまにフッと消えること。これがまた妙に絶妙なタイミングで消えるので、ザコならともかくボス戦でよっしゃ当たった!と思ったときにこれではずされるとかなりショックです。
 
 さてこのオズマウォーズ、個人的にはとても好きなゲームなのですが、残念ながら色々欠点がありまして、

・処理落ちがすごい。というかゲーム中ほぼ処理落ちした状態。敵が少なくなった時に急に敵弾が速くなるので要注意。グラディウスよりはるか昔に処理落ちというものを体験しました(笑)。処理落ちなんて知らなかったんでそういうゲームなんだだと思ってましたが。
・やけに配点が高い。スコアが万の位しかないのにザコでも数百点取れるので慣れるとすぐカンストする
・毎面初めにヤマトがエネルギー補給してくれるのだが、ダメージを受けないで補給を受けると前面開始時よりエネルギーが増えた状態になるので、毎面エクステンドしてるのと同じ

 処理落ちはハードの性能が低い時代なのでまだいいとして、スコアは配点を減らせばいいだけだし、あまりメリットのないエネルギー制は普通に残機制にすればいいだけなので、あともう少し調整すれば名作となったと思われるだけに本当に残念です。
 あともっと残念なのはこのゲームと同じ形の自機が出てくる続編(?)のアトムスマッシャーが延々と同じパターンを繰り返すゲームになっていたことでした。
 
スポンサーサイト



 | HOME |