FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

指定期間 の記事一覧

データイースト 昭和54年の広告

2013.08.25 (Sun)
データイースト ゲームマシン昭和54年1月1日の広告

11

54010101 (2)

~ ゲームマシーンにもいのちがある 強い生命をつくるには ひとと同じように 日頃の精進がものをいう
しんどい話だが・・・・・・そういうマシーンを育てたい ~



 なんだかデータイーストのイメージとはちょっと違ったイメージのコピーです。なかなかいいことを言ってますが、売ってるゲームがブロック崩しのコピー、風船割りのコピー、インベーダーのコピー・・・・・、コピーばっかなのはどういうことか(笑)

 しかし本当にこの文章どおりに地道なゲーム作りをしててくれたら、今ごろはまだ存続してたかもしれないと思うと複雑な思いが心をよぎります。しいたけとか余計なことやらなきゃよかったのに。



スポンサーサイト



Super Chain Crusher Hrizon(スーパーチェインクラッシャーホライゾン)

2013.08.18 (Sun)
 日ごろはファミコンよりも古いゲームばかり記事にしておりますが、今回はたまたま製作のマインドウェアのMicky氏から体験版をただいたので、横3200でモニタ2画面使用がデフォの、ムチャしやがってと話題になった横シュー「Super Chain Crusher Hrizon(スーパーチェインクラッシャーホライゾン)」をご紹介させていただきます。



誘爆中。拡大するには画面をクリックしてください。


中央の丸いのは2Pのアシスト。拡大するには画面をクリックしてください。

 2画面推奨がデフォらしいこのゲーム、正直存在は知っていたにもかかわらず導入するのをためらっておりましたが、体験版を実行してみるとウチの1920×1080のノートPCでも普通に遊べました。

 まだ数回しかプレイしてないので細かい点はわかりませんが、横長の画面にもかかわらず弾は画面上に一発だけしか撃てず、その代わり当たれば爆発でどんどん誘爆で敵を倒すことが出来ます。これがチェインクラッシャーということなのでしょう。うちの1画面でも十分楽しいですが、2画面使える方は長大な画面でバカスカ敵が爆発する爽快感が味わえるのではないでしょうか。

 連射できないかわりに敵も一切弾を撃ってきません。なにやらムーンクレスタぽいですね。とにかく狙い撃ちが重要なので、一発のミスが死を招くインベーダーやギャラクシアンみたいな印象もあります。最近のゲームはただ連射してればいいので、狙い打つという感覚が懐かしいです。画面が横長なだけに、狙いをはずすと大変なことになります。
 連射出来ないのでチェインで誘爆させないと追いつかないのですが、チェイン狙って敵を泳がせすぎるとその分危険も増します。また、敵を画面左に逃がすとそこで固まって障害物になります。敵にぶつかると一発でゲームオーバーです。

 いちおう連射できるモードもありますが、撃つ度に自機が左に下がっていき、画面左端まで行ってしまうとゲームオーバーなので一筋縄ではいきません。最近の弾幕ゲームの感覚で撃ちまくるとすぐゲームオーバーです。

 同時プレイも可能で、1Pはマウスで援護することが出来ます。2人同時プレイのシューティングはぶっちゃけお互いジャマになる傾向があるので、それに対する配慮だそうです。シューティングが苦手な人でも2Pなら楽しめそうですね。ウチの嫁さんに試して欲しかったところですが、旅行帰りで家事が忙しそうなので声がかけられませんでした(笑)。

 解像度の低い環境だとプレイしづらいかもしれませんので、興味を持たれた方はとりあえず体験版で試してみてください。ちなみに公式見て知ったばかりですが、明日の8月19日まではお値段30%オフらしいです。そんなわけで週一回しか更新しないこのブログなのに今回は急遽記事にしました。いつにもまして文章が支離滅裂なのをお許しください。

公式ホームページ

 
 
 

 

だから何なんだ

2013.08.18 (Sun)
だから何なんだ




ゲームマシン昭和53年6月1日号より


「飲みながら、食べながらゲームができる」






テーブルタイプの筐体は全部そうですよ!(笑)

書籍紹介 携帯型ゲーム機コンプリートガイド

2013.08.18 (Sun)
 最近レトロゲーム関連の書籍が続いて発売されてうれしい今日この頃。
 今回紹介する「携帯型ゲーム機コンプリートガイド」、「コンプリートは盛りすぎだろ。どうせメジャーなのしか載ってないだろうに。」と思っていたのですが、違った。ゲームボーイ・ワンダースワン当たりが載ってるのは当然として、ゲームウォッチにゲームポケコンやGP32やN-gageにGizmondo、期待の新作SHIELDにも言及されていて驚き。その分ひとつひとつに対する内容は薄いのですが、値段も安いですしガイドとしては十分だと思います。
 ただゲームウォッチ系・LSIゲームは一部のみなので、これはこれで別で一冊作って欲しいところです。

東京遠征の記録

2013.08.17 (Sat)
 コミケ東京旅行も終わり、残りの休暇ダラダラしております。
 今回はツイッターで日ごろやりとりしている方々とお会いすることができ印象深い旅行でした。みなさん色々とありがとうございました。
 それではたまには普通のブログみたいに旅の記録など書きとめておきましょうか。


コミケで買った同人誌。すべてゲーム系かレトロPC系です。冬コミは参加していないので、新刊でないのもあります。


同人誌その2。


国会図書館でコピーしたもの。ラ製時代のベーマガやら業界紙「ゲームマシン」「トイジャーナル」「月刊ホテル旅館」「月刊アスキー」など。「月刊ホテル旅館」ってなんじゃって思われるかもしれませんが、ゲームコーナーを設置して利益をあげようといった記事があったので。


まんだらけで買ったもの。バーチャルボーイソフト3本とネオジオフリーク。


ミカドです。マーブルマッドネス久しぶりに遊びましたが、昔と同じところで終わりました。


ミカド2。ピンボール3台のうちこれがお気に入り。


ミカド3。メタルホークって記憶より動いて結構キツかった。動きがヌルいと思っていたアウトランも今やってみると結構揺れる。当時平気だったのに、年のせいかなあ。


SF古書。マイクル・コニイの「冬の子供たち」が高すぎて買えませんでした。さすがサンリオ文庫。


艦これピンバッジ(笑)


最近はゲームマニアも一回りして将棋などもやっております。思い切って島八段の角換わり腰掛銀研究買ってしまった。まあまあ高かったです。


誰?と思う方がほとんどでしょうが、将棋の泉八段のサインです。ご紹介くださったマインドウェアのMickyさんありがとうございました。偶然にも同八段のピンナップが載っている「将棋世界」を古書店で買っていたのが不思議なめぐり合わせ。せっかくなのでそのページにサインしていただきました。将棋の専門誌でなぜかゴルフクラブ持ってる泉八段からしたら黒歴史かもしれませんが(笑)。


Mickyさんからのいただきものです。お忙しい中色々ありがとうございました。


 こうして記事にしてみると、ほとんどゲームばっかですね。スカイタワーなどの観光名所もグルメも一切なし。だが後悔も反省もしない(笑)




80年代マイコン大百科 感想

2013.08.03 (Sat)
 最近次々ファミコンやらなんやらの書籍が発売されてうれしい限り。特に8bitPCユーザーにはうれしい本「80年代マイコン大百科」について感想などを。




 一時アマゾンで品切れになっていたこの本、マイコンはPC-80/60/88、MZ、X1、FMなどのメジャーマシンからVIC-1001やJR-100、S1にパソピアにSMC-777などの当時の広告が掲載されており、当時PC誌の広告を食い入るように読んでいた少年時代を思い出す方も多いと思います。私はまだその広告が雑誌を後生大事に持っているのでアレですが。

 その他ログインやベーマガなどのPC誌やファルコムやT&Eなどのソフトハウス、人物編では芸夢狂人氏やBug太郎氏、先日無くなった森田和郎氏など、これまた懐かしいものばかり。

 商業誌なので広く浅くという感じで、このブログの読者の方々には物足りないかもしれませんが、昔マイコン少年だったおじさん永遠の少年の方々には胸が熱くなるものがあるのではないでしょうか。こういう本がどんどん出てくるとうれしいのですが。

 
 | HOME |