FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

ヘビゲーム特集8 スネーク&バリケード系ゲームその4 MSX編

2013.02.23 (Sat)
スーパースネーク MSX
スーパースネーク83HAL

アップル2のスネークバイトから時は過ぎ83年、、ひっそりと現れたのがこのスーパースネーク。開発はご存知HAL研。メディアもテープやフロッピーからROMに進化!ゲームの内容ですが、画面を見ればおわかりのようにほぼ「ハッスル」です。83年といえばあのゼビウスの発売の年。そこにインベーダーよりもさらに昔のアーケードゲームを移植とは度胸がいい言うか誰得というか。モンスターやフルーツなどが追加されたものの、タイム制でミスすると残機が減るのではなくゲームオーバー時に減点されるシステムもまんまハッスル。MSXの初期はとにかくソフトの数を揃えようという方針だったようで、そのためこんな古いゲームが再出動することになったのかもしれません。

レプリカート MSX2

レプリカート
MSX・FAN 87年7月号より

スーパースネークよりさらに時はたち、スネークゲームはもはや市販ゲームはおろかベーマガの投稿ゲームですら見かけなくなっていたころ、なんと天下のソニーから堂々登場したのがこのレプリカート。今度はMSX2のメガROMで全300面だ!自機のスネークもなんかカッコいいメカになってボスキャラまでいます。
 ゲームのストーリーは、22世紀目前異生物”サランドラ”が地底に基地を築いたことで地球は危機に瀕しており、青年ディックはドラゴン型のスーツ”レプリカート”を装着し(えええ!?)地底基地に侵入するという壮大なもの。操作は左右のキーで方向転換、バイトスライムを捕らえる度にレプリカートは長くなり、一定数をクリアすると出口が開く、要するにすがすがしいくらいまんまスネークバイトです。このゲームが発売されたころはアルカノイド発のリメイクブームが起きていたころで、そんなことからまたまたスネーク系ゲームがMSXに登場したのでしょう。アルカノイドの影響か無敵やスピードダウン、自機が短くなるなどの各種アイテムと、前述のボスキャラが追加されています。ただし、ボスに会えるのは300面。はたして出会えた人はいたのでしょうか。

レプリカート2
魔法使いウィズ面なんかもあります


MSX・FAN 87年3月号
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック