FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

ヘビ年特集(スネークワールド:PC-8001)

2013.01.14 (Mon)
 というわけで、ヘビ年ということで安直にヘビ関連のゲームについて書きます。

 スネークワールドは月刊I/Oの81年6月号、まだ人を殺す鈍器として使えそうなくらい分厚くなる前です。製作者はご存知芸夢狂人氏。日本でゲームプログラマーとして有名になった最初期のお方。学生時代はゲーム製作で学費やお小遣いをかせぎ、卒業後はお医者さん。そして今では引退して悠々自適という、リア充の見本のような人のゲームです。うらやましいぜ!

スネークワールド1

I/O81年6月号

ゲームは巨大ヘビの惑星に不時着した宇宙貨物船の乗組員が、ヘビを倒しつつ基地を目指すというストーリー。テンキーの2468で移動(注)、ZとXで左右にライフルを発射し、画面左右から上下にニョーンと現れて毒液を吐く巨大ヘビの頭部を撃ち一定数倒すと一面クリア。地味に乗組員に近づいてくるサソリもいて、サソリは一回噛まれると毒で移動スピードが低下、2回目でします。なおサソリを倒した後殻が残り、その殻をうっかり踏むと一発死。生きたサソリより死体の方が強いのです。なにぶん古いのゲームなのでエンディングはなし。というわけで乗組員が基地にたどり着くことはありません。哀れなり。

(注)PC-8001のカーソルキーはかなりアレだったので、基本的に移動はテンキーなのです。

スネークワールド2

I/O誌名物の独特なイメージイラスト。なんでこの女の人いつも和服なの!?

 芸夢狂人氏の初期のころはアーケードゲームの移植が多かったのですが、これは完全オリジナル。このゲーム、最初に買ったI/Oに掲載されていたので非常に愛着があります。なによりパソコンはゲーム少年の夢「ボクの考えたオリジナルゲーム」を作ることの出来るマシンだということにとてもワクワクしたものです。目指せ大文字さとる!作るぜパイレーツ(無理)。しかしその数年後にはすっかり作るより遊ぶ側の人になってしまったのですが。
 ちなみに当時マシン語の入力の時のチェックサムというものが何かわからず(誌面にまったく説明がない!)、田舎なので教えてもらう相手もなく、もちろんインターネットもない時代。結局入力して遊ぶことが出来たのでだいぶ後になってからなのでした。





関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック