FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

与作シリーズ その3 ポンポコ与作 中部センター

2013.06.09 (Sun)
前回前々回とSNKとオーエムの与作を紹介しました。どっちが元祖なのかはわかりませんが(ナムコのコピー平気でパクるオーエムの「元祖」という広告には信憑性ゼロなんでおそらくSNKでしょう)、ゲーム業界で二匹目のドジョウを狙うのはよくあることでした。しかしそれだけで終わらず3匹目四匹目のドジョウを狙うメーカーが現れるのもレトロゲームの世界なのです。しかし普通はヒットしたゲームの二匹目を狙うモンで、与作の場合は最初から一匹もドジョウなんていなかっただろという気がしますが。


ポンポコ与作 中部センター
ポンポコ与作3
ゲームマシン55年1月1日号より

 中部センターのマイコンマックスシリーズの第四弾だそうです。なんとネオジオの数十年先をいく4in1基板らしく、ポンポコ与作の他にチルトインベーダー(ティルトインベーダー?)、ポリス(暴走トラックを捕まえるゲーム・・・らしい)、ラットパトロール(ヘッドオンの亜流)から好きなゲームを選択できる仕様・・・らしいです。
 らしいらしいですいませんが、見たことがありませんので、なんともいいようがないのです。プレイしたことのある方があったら教えてください。4つから選べるといってもなんかろくなのがないのであまりうれしくなかったと思いますが。
 で、肝心のポンポコ与作ですが、紹介文を引用しますと、

進んだ点は(何から?もしかして他社の与作と比較してる?)
1 タヌキが現れ与作を化かす(意味がわからん・・・)
2 イノシシが立ち上がって襲いかかる(普通に突進しても同じような・・・)
3 与作はイノシシを反撃する(だから何がだよ・・・)
4 木を切ると鳥が落ちてくる(木を切った達成感を味わう間もない仕様)


だそうです。おそらくSNK版よ与作のマイナーチェンジと思われます。しかし広告なのにこんな要領を得ない説明ではたして売れたのでしょうか。売れなかったから見たこと無いんですね、ハイ。わかってていいました。

 しかしこのゲーム、何でも知ってるはずの天下のgoogle先生に聞いても「なんでもじゃないよ、知ってることだけ」とばかりになにひとつヒットしません。ホント、遊んだことがある人いらしたら教えてください。タヌキが化かすとか意味不明です。
 でもこのポンポコ与作、ゲーメスト別冊の「ザ・ベストゲーム」にはしっかり載ってました。改めてすごい本だと思います。でもゲームの説明は「基本的にキコリが出てくるアクションゲーム」としか書いてませんが。全然わかんねえよ!
 
 (続く)

 追記

 TILT INVADERは愛知県犬山市の「日本ゲーム博物館」にあるようです(チルトインベーダーと同じものかは不明)。ここはエレメカ・ピンボールに体感ゲームまで遊べるというレトロゲーマーには夢のような場所です。興味のある方はぜひ行ってみてください。特にピンボールががこれだけそろっているところは日本でもここだけでしょうから、ぜひテレビゲームだけでなくピンボールもプレイしてください。

日本ゲーム博物館
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: ラットパトロール
> アーケードゲームのラットパトロールについて調べていてたどりつきました! 勝手ではありますが、セガさん運営のit-tellsで少し文章を引用させていただきました!
> 貴重な資料、読ませていただきありがとうございます!
> また、承諾なしの引用、お許しください

みおとしてました。
どうぞどうぞ。
ラットパトロール
アーケードゲームのラットパトロールについて調べていてたどりつきました! 勝手ではありますが、セガさん運営のit-tellsで少し文章を引用させていただきました!
貴重な資料、読ませていただきありがとうございます!
また、承諾なしの引用、お許しください

管理者のみに表示

トラックバック

犬山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。