FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

与作シリーズその5 与作とドンベエ(与作とゴンベエ) 1979年 ウィング?

2013.06.30 (Sun)
与作とドンベエ(与作とゴンベエ?) 1979年 ウイング?




Beep!メガドライブ BINARY ANALYSISより

 またまた与作です。今までの与作も相当にカオスでしたが、ついにゲームタイトルすらあやふやなのが登場です。というのは当時二種類のタイトルが出回っており、どちらが本家なのか不明なのです。そういえばかなり後にアルファックスZとTHE 26’TH Zという同内容別タイトルのゲームが出回っていましたが、どういう経緯で同じ内容のゲームが別タイトルで出たのでしょう。・・・関係ないですね。

 さてこの与作とドンベエ、今回はシューティングです。インベーダー基板の流用と思われ、内容もインベーダーに似通った部分が多々あります。インベーダーみたいにラインごとの色指定なのですが、よく考えればこれってインベーダーだから成り立つ仕様だと思うんですが、他のゲームでも平気で使われてましたね。与作とドンベエでもそのせいで木やキャラクターの途中で色が変わってしまったりしてます。同じキャラの色が途中で変わるってちょっと違和感あったんですけど、そんなの気にしてたのは私だけだったのでしょうか。ま、白黒よりゃマシってことでしょうね。今となってはPC-8001のゲーム同様懐かしいですが。・・・関係ないですね。

 本題に戻りましょう。この与作とドンベエ、自機がおそらくドンベエで、今回与作は中央で木を切っており、木が切り倒されたらタイムアウトでゲームオーバー。与作は背景でタイマーに成り下がってしまいました。与作のヒットのあやかったゲームなのにこの扱いはどうなのか。もはや与作さえ出せばなんでもよかったのでしょうか。ついでに言えば与作、ドンベエと重なると見にくくてすごいジャマです。
 プレイヤーはドンベエを操作して木に留まっているカラスを撃ちます(切り倒してる最中の木のカラスを撃たなければならない状況がイマイチよくわかりませんが、昔のゲームなのでいちいち気にしてはいけません)。

 カラスはインベーダーよろしく少しずつ下段に降りてきて、最下段まで来てしまうと与作が木を切り倒してしまいゲームオーバー。カラスの位置が下がると、木の枝がないはずのところでも平気で宙に浮いているのですが、そんな違和感のある状態でもカラスは決して飛ぶことはありません。カラスなのに。このゲームのやっつけ仕事感が伝わってきます。

 唯一飛ぶカラスは画面上部の横切るインベーダーのUFOに当たる大ガラスで、命中するとミステリーボーナスです(点数が表示されないので、何点だったのかを知るには直前のスコアから引き算するしかない)。こう説明するとほとんどインベーダーですが、マイナス方向にオリジナリティがありまして、まずカラスは一切動かないこと。インベーダーみたいに端に行くとでなく、一定時間でゴソッと一段下がります。そのせいでインベーダーの端から倒すという戦略性がなくなりました。それではさすがに難易度が低くなりすぎだと思ったのでしょう。この手のZ級ゲームはなぜか一様に無意味に難易度を上げるのが大好きなので、さらに色々余計なフィーチャーを付け加えております。

 まず動かない代わりにカラスがランダムに出たり消えたりします。見た目点滅しているようにしか見えないのですが、当たると思った瞬間に消えるとかなりイラッときます
 また、自機のゴンベエが鉄砲を構えている位置が中央でなく、移動中に左右にコロコロ変わります。なのでカラスを撃てる位置に移動したはずが銃の位置が変わって当たらないという事態が頻繁に起こり、かなりイラッときます。そんな余計なフィーチャー作るくらいなら、素直にカラスを飛ばせよと思ったのは私だけではないはずです。

 さらには敵弾(フン?)がカラスの存在しないところからでも平気で振ってくるというかなりの掟破りな仕様なので、インベーダーのようなヒット&アウェイ戦法ができません。その上カラスの位置が下に降りてくると、しっかり弾の出現位置も降りてくるので、そうなるとプレイヤーにできることは弾に当たらないように祈るしかありません。いちおう画面の左右は弾が振ってこない安全地帯なのですが、意図したものなのかカラスが動かないからそうなったのかは不明です。
 
 そんなわけストレスのたまる要素だらけこのゲーム、やはりまごうことなきクソゲーです。もしかすると与作のゲームはクソゲーでなければならないという掟でもあったのでしょうか。与作の方は木を切るという目新しさがあっただけマシですが、こちらは・・・。インベーダーの亜流と思えば単なるキャラ換えよりはマシとは言えるかもしれません。もっとも一番問題なのは、そんな何十年前のクソゲーを、記憶だけでこんなに長文書いてしまえる私であります。なんでこんなに細かく覚えていたのかと自問自答してしまいまいた。

 さて、与作シリーズですが、今回でアーケード版についてはいったん終了します。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック