FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

30周年記念 SC-3000/SG-1000の思い出(というか恨み節)その2

2013.07.28 (Sun)
 SC-3000にアーケードゲームメーカーのセガが開発したということと、カラーミキシングで210色という謎の宣伝文句に過大な期待をしていた純粋な青少年だった私。結局値段は安いもののMSXなどの他のPCと同機能ということに落胆したわけですが、それでもまだ諦めていたわけではありませんでした。

 当時のPCへの移植モノってのはぶっちゃけ似てりゃいいだろレベルがほとんどであったわけですが、今回は違う。なぜならどこかのソフトハウスが移植するのではなく、セガ御大が自ら移植するのです。見た目はグレードダウンしていても移植のレベルはダントツに高いに違いない!と、あふれるセガ愛が私にそう思わせておりました。

 さて当時、デパートやスーパーののおもちゃ売り場でゲーム機が試遊出来るコーナーがありました。しばらくしてからスーパーの買い物に連れて行ってもらったところ、ありましたよSG-1000が!
 隣のファミコンにはすでにはりついている少年がいましたが、そんなものには目もくれず(いやウソです目は釘付けでした)、誰もいないSG-1000の前に立ちました

 そこで動いていたのはコンゴボンゴ。アーケード版の名前はティプタップ。内容はクォータービュー版のドンキーコングといったものでしょうか。このゲームが開発された経緯を考えるとまた色々妄想が膨らみますがまあそれは今回は置いておくとして、海外では大ヒットした秀作です。

0728ティプタップ1

アーケード版

SC-3000、SG-1000版

0728ティプタップAMライフ
AM-LIFE №10より

 コンゴボンゴの画面写真はすでにAM-LIFEの画面写真で見ていたので1面が激しく別モノになっていることは知っておりました。クォータービユーの再現が難しかったのであろうことは理解できました。でもセガならきっとやってくれるに違いない。そう信じてコントローラーを持つ。

 しかしコンゴボンゴの隣にはファミコンのドンキーコング。本家の隣にちょっとコンセプトが似たコンゴボンゴ。すでにセガにとって圧倒的に不利な状況ではありませんか
 だがセガを信じろ!スタートボタンを押す。そしてあることがわかりました。

 2面しかねえじゃねえかよ!!!!

 AM-LIFEに載っていたのはたまたま1面と2面だけだと思っていた・・・。ドンキーコングの2面がカットされたにもちょっとがっかりしたのに、面が半分しかないとは。4面がなきゃ探険家がゴリラに復習できないだろ!
 SG-1000がファミコンに負けたのが値段が200円高かったからという説があるようですが、違います、単にソフトデキの差です。まあコンゴボンゴが当時の並レベルで、ドンキーコングのクオリティが高すぎたんですけどね。

 というわけでSC-3000を購入する気は一切消え、私がセガのハードを買うのは数年後に持ち越されたのでありました。


4面、クォータービューをやめれば再現できたと思うけどなぁ。
0728ティプタップ2
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック