FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲームがすきでそんはない

かなり古めのレトロゲームについて、無駄に溜めたゲーム雑誌などからネタを拾うブログです。アラフォー以上御用達ですが、ファミコンよりもっと古いゲームを知りたい、黎明期のゲームのカ オスぶりに興味があるというちょっと背伸びしたい気分な若者もどうぞ。毎週末更新予定。

ヘビ年特集4 みんな作った打ち込んだ?スネーク&バリケード系ゲーム(PC-8001)

2013.01.25 (Fri)
今回はゲームの中でも相当古い歴史を持ち、現在絶滅危惧種のひとつでもあるスネーク&バリケード系ゲーム(勝手に命名)を紹介します。大雑把に言うと、自機がどんどん延びてそれに当たってもミスになる系統のゲーム。とはいえ、
①対戦
②一人プレイ
A自機が延び続ける
Bエサなどを取って得点を得る、時間経過などで延びる
などのバリエーションがあり、①ーAの組み合わせをバリケード系、②-Bをスネーク系と分類して後者のみをレビューしようかと思ったものの、②でBという組み合わせもあったり、自機も必ずしもヘビであるわけでもなく、さまざまなアレンジが施されたりと厳密な分類が難しく、面倒くさくなったのでこの際ざっくりまとめてやっちゃいます(笑)。とりあえずこのブログでは便宜的に二人対戦をバリケード系、一人プレイをスネーク系と表記します。バリケードじゃなくてブロッケードと言うべきだとかややこしいことはどうか言わないでください。
 基本的に動くのは自機(対戦相手も含めて)だけというシンプルなゲームなので、非力な当時のPCのBASICでもわりと簡単に作ることができ、かくいう私も当時何種類か作ったことがあります。ではまずPC-8001から。

バリケード8001


バリケード 「PC-8001プログラムライブラリ」より PC-8001

 二人対戦用。自機を4方向移動で壁を作り相手の行く手を阻みます。ヘビという設定かどうかは不明です。たぶん違います(笑)。あ、本文に「壁」って書いてある。しょっぱなからヘビゲーじゃないじゃん!(笑)
 相手か壁にぶつかるか、自分にぶつかって自爆するとミス。5本先取した方が勝ちとなります。まさにバリケードゲームの王道です。とっても単純ですが、気のあった友人と遊ぶと結構楽しめます。相手の行く手に向かって積極的に進路を塞ぎにいくか、先に広い陣地を囲って相手が詰まるのを待つか、意外と戦略性もあります。
 ちなみに誌面ではバリケードですが、REM文中では「Blockade」になっています。ゲーム内ではタイトルが一切出ず、作者が途中で気が変わったのか、編集さんがバリケードの方がとおりがいいので変えたのか、わたし気になります!いや本当は特に気になりませんゴメンナサイ。
 私は当時同級生の、PC-6001でベーマガに掲載された「ガンダムVSドップ隊」「リバーパトロール」を作った友人とよく遊びました。そのふたつのゲームもいずれはここでレビューします。

ハッスルPC8001


ハッスル 「はるみのプログラミング・レッスン」より

 アーケード版のハッスルの移植。当時マイコン少年の憧れだった現役女子高生プログラマ(笑)高橋はるみさんの作品です(※)。彼女の本でプログラムを学んだ方も多いのではないでしょうか。アーケード版では何かわからない自機を得点の書いた謎の四角形にぶつけるゲームでしたが、こちらはヘビでネズミ「Q」を食べるゲームにアレンジされています。ネズミと言われるとネズミに見えるから不思議です。移植と言ってもアーケード版ハッスルの前に上記のバリケード系のゲームがあり、それはPC用からの移植だと思われ、移植と移植がグルグル回ってもう何がなんだかです。
 自分自身を食べてしまうか壁にぶつかるとゲームオーバー。っていうのがこのジャンルのゲームの設定なのですが、自分を食べるヘビなどいないと思う(笑)。ネズミを食べるごとにヘビが成長して長くなり難易度が上がります。スネーク系ゲームとしてはオーソドックスな内容です。前述したように動くのは自機だけなので、BASICのゲームとしてはスピードも速く、「たんじゅん」だけど「とってもオモシローイ!」(はるみ節)。

※はるみのプログラミングレッスンなんで、全部はるみちゃん作だと思い込んでいましたが、このハッスルは「川村さん」作だと本文に書いてありました。ご指摘くださった通りすがりさんありがとうございます。

はるみのプログラムレッスン


著者 高橋はるみちゃん近影(笑)

 しかし女子高生なのにハッスルなんて渋いアーケードゲーム知ってるなんてすごいなあ(棒読み)。
高橋はるみさんの本やゲームもいずれ特集したいですね(そればっかりだな)。
 ・・・・・・ところでこのブログの画像がショボイと思われていた方多いと思いますが、ブログを始めようと思い立った途端にスキャナーが不具合になり、スマホで撮ってるからですゴメンナサイ。このタイミングでスキャナーが死ぬなんて自分の生まれの不幸を呪わざるをえません。

バリケードゲーム 九十九電気 画像なし

 すでに元のゲームを紛失しており、画像は出せないのですが私がPC-8001で初めて遊んだゲームなので紹介します。PC-8001を購入した電気屋さんがオマケでくれたゲームのうちのひとつでした。内容は上のハッスルとほぼ同一ですが、ランダムで障害物がばら撒かれているので難易度が高いです。マシン語で書いてあるのがウリのようですが、ハッスルがBASICでそれなりのスピードで動いているのであまり意味が無い気が(笑)。それどころか数回プレイするとバグって止まります(笑)。

PC-8001だけで結構な分量になってきたので、多機種版はまた次にまわします。干支ネタなんでいい加減旬も終わってる気がしてならないのですが、書いてるうちにどんどん増えてしまう。次回はアップルのスネークバイトとか、ベーマガ投稿ゲームとかを採りあげるつもりですのでよろしく。

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ハッスル
本当だ。
はるみのプログラミングレッスンなんで、全部はるみちゃん作だと思い込んでました。
情報ありがとうございます。
No title
ハッスルは『はるみちゃん』作ではなく『川村さん』作と書かれてましたよ。
『はるみちゃん』が作ったのは同じ本の『あるけあるけゲーム』だと思います。

管理者のみに表示

トラックバック